安否確認で企業のBCPを綿密に計画|社内管理しっカンリ!

web

災害に使えるシステム

search box

地震や大きな災害に際したとき、環境は今までと一変してしまいます。そんなとき、家族や周囲の人の安否が分からないと不安です。安否確認をするシステムが確立されていれば、どんな状況でも安全を知ることができます。

もっと詳しく

スムーズな業務を下支え

手間のかかる管理をより簡単にすることができる人事管理システムがあります。作業効率を高めてくれるので大変便利ですよ。

安否確認ができるまで繰り返し連絡をしてくれる便利なサービスをこちらで行っているのでチェックしておきましょう。

SEO

企業がスムーズに動いていくためにはあらゆる事態を想定して業務の計画を立てていく必要があります。これは大きな企業や中断できない業務を抱えている企業であるほど必要なことです。例えば多くの人が利用する交通機関は災害時にはストップしますが、時期をみて運行再開をすることになります。そうしなければ、多くの人が通勤・通学できない、ついては経済活動にまで支障をきたすことになってしまうのです。
こういったシステムを動かしているのは人間です。人間の動きを止めないためにも、社内でしっかり管理をする必要があるのです。そのためには災害において安否確認を企業で行なうということも必要になってきます。それ以外の社内管理といえば、毎月の給与処理やインセンティブなど給与に関わるものから、名刺管理などの業務を円滑にするものまで管理するツールや方法は多岐に渡るのです。

近年ではITが発達してきているため、どこにいてもデータを引き出して利用することができるようになっています。電子網が全国どの地域にいっても通じているため、データ管理の在り方も今までとは一変してきています。企業は専用のサーバーを所有しなくても、データセンターなどを利用することでデータを管理できるようになっています。
そういった便利な世の中になっているため、災害時の対応もITシステムを使って考えだされています。エマージェンシーコールなどを使えばシステムに重大な欠陥がおきたとしてもすぐに対応に駆けつけることができるのです。こういったいろんなシステムが利用できるので、より業務の効率化が図れます。

確実に連絡を取る方法

web

家族のように災害が起こった時には企業は社員の安否確認をする必要があります。専門の業者を利用することで、大きな災害であっても全ての人に連絡が行き届くようになっています。

もっと詳しく

業務を再開するタイミング

design

復興には経済活動の通常化が必要になってきます。企業によっては中断できない業務を抱えている人もいるので、復興までの計画をしっかりと計画することが安否確認のもう一つの役割といえます。

もっと詳しく